2020年 J2チーム別得点(第18節終了時)

チーム得点(オウンゴールは除く)は、18節を終え、ギラヴァンツ北九州が31点で単独トップです。2位には徳島ヴォルティスで30点、3位は28点で、ジュビロ磐田、ヴァンフォーレ甲府、アルビレックス新潟が同率で続いています。


得点ランキングトップ10

個人得点ランキングでは、京都サンガのピーターウタカ選手が13点でトップです。2位は、ギラヴァンツ北九州のディサロ 燦シルヴァーノ選手とFC琉球の阿部拓馬選手が9点で並んでいます。

シュート成功率ランキング

1位ヴァンフォーレ甲府のドゥドゥ選手で35.71%です。2位は京都サンガF.C.のピーター ウタカ選手で35.14%です。3位は、なんと山雅の塚川孝輝選手が2得点をあげ、成功率33.33%で前節15位から3位にジャンプアップです。

■集計対象
出場試合数が50%以上ある事
シュート数が、平均1試合1本以上ある事

・テーブルの項目名をクリックするとソート順を変更する事が出来ます。

(*1)出場時間を得点で割った1点とるのに必要な時間。

スポンサーリンク
336の広告
336の広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336の広告